PR
PR

<特集>テレワーク試行錯誤 不公平感解消は/人事評価に不安/切り替え難しく

 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、社員が自宅などで仕事をする「テレワーク」が道内でも広がっている。時間や場所にとらわれない柔軟な勤務形態で、働き方改革に有効とも期待される。緊急事態宣言解除後も、今回の経験で得たノウハウを生かし、テレワークを継続していく企業もある。システムを使いこなせなかったり、人事評価方法に不安があるなど、経営者も働く人も戸惑いながら新しい働き方を模索している。

残り:2990文字/全文:3186文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る