PR
PR

道野球独立リーグ ついに開幕 美唄で30日無観客試合 コロナ禍で1カ月遅れ

 【美唄、富良野】4月に発足した道内初の野球独立リーグ「北海道ベースボールリーグ」(HBL)は30日、美唄市営球場で開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大で約1カ月遅れたが、道内で今季最初の野球公式戦となる。

 レラハンクス富良野BC(富良野市)と美唄ブラックダイヤモンズ(美唄市)の2球団が9月28日まで、美唄市営、芦別市民、砂川市営、青葉公園(石狩市)の各球場で計73試合行う。開幕戦と翌日の第2戦(美唄市営)は無観客試合で、6月3日の第3戦(同)以降の観戦については未定。

残り:247文字/全文:485文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る