PR
PR

道内1人死亡、6人感染 空知の美容室でクラスター 新型コロナ

 道と札幌市は28日、新型コロナウイルスに感染した1人が死亡し、新たに6人の感染者を確認したと発表した。このうち空知管内の2人は同管内にある美容室の客。道はすでに感染が確認されていた従業員や客を含め、美容室の感染者が計6人になったと明らかにし、クラスター(感染者集団)が発生したと認定した。道内の死者は86人、感染者は計1063人(実人数)となった。

 道によると、28日に感染が判明した客は70代女性と50代女性で、いずれも26日に感染が確認された同管内の30~60代の女性従業員3人の濃厚接触者。24日に感染がわかった同管内の50代女性も美容室の客だった。クラスターは道内19例目。道は26日、19例目のクラスターが札幌市内で発生したと説明していたが、18例目だったと訂正した。

 札幌市では感染経路が不明な1人を含む3人の感染を発表。このほか、同市の10代女性が回復後に再び陽性になったと明らかにした。再陽性が確認されたのは道内で計15人となった。

 道内の直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は28日時点で1・01人となり、国が緊急事態宣言の解除の目安としている「0・5人程度以下」を大きく上回って11日ぶりに1人を超えた。道保健福祉部は「『3密』を避け、マスクを着用するなどの感染対策を引き続き徹底してほしい」と呼び掛けている。(中橋邦仁、久保吉史)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る