PR
PR

七夕 「ろうそくもらい」自粛を 函館の教員ら、感染防止へ呼び掛け

 七夕に子どもが民家や商店を回って歌を歌い、お菓子などをもらう行事「ろうそくもらい」について、函館市立小学校の教諭らでつくる団体は27日、児童に自粛を指導するよう市内の各小学校に文書で要請した。近年は学校や町会が企画しており、新型コロナウイルスの感染拡大につながりかねないと指摘。一方で、地域行事の中止を残念がる声も出ている。

 文書を出したのは、市立小学校43校と道教大付属函館小に勤務する教員でつくる団体「函館市小学校生活指導研究協議会」。同協議会の松浦宏会長(大船小校長)は「函館の伝統文化の一つだが、感染防止を最優先に考えた」と、自粛の呼びかけを決めた。

残り:233文字/全文:513文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る