PR
PR

弁当でファンをキャッチ 富良野の球団レラハンクス、出店へ

 【富良野】道内初の野球独立リーグ「北海道ベースボールリーグ」(HBL)傘下の富良野の球団「レラハンクス富良野BC」は6月1日、市内山部中町3で弁当店「やまべる」を開業する。富良野をイメージしたオリジナル弁当の「レラ飯(はん)」や日替わり弁当を販売し、球団をPRする。

 料理担当はHBL運営事業部の社員で、レラハンクス選手らの食事を作る牛島貴憲さん(41)と吉田知広さん(21)。900円のレラ飯は選手たちが考案した。ザンギや焼き魚、硬球の形のゆで卵、球団カラーの青色のゼリーを盛り付けた。白米は富良野のスキー場、赤しそのふりかけ「ゆかり」を混ぜたご飯は、ラベンダー畑を表しているという。

残り:184文字/全文:478文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る