PR
PR

道議会庁舎24日「引退」 保革対決、空転、コンサート…見守り69年

 1951年から使われていた道議会庁舎が、新庁舎の完成に伴い24日で役目を終える。高度経済成長で社会が目まぐるしく変化する中、北海道の針路を巡る激論が繰り返された「道政の中心地」の69年間を振り返る。

 議場は道議会開設から50年目の節目に完成。議員と理事者の座席が正対しない全国の議会で唯一の「非対面・馬てい形」と呼ばれる様式で、25日から利用が始まる新庁舎の議場もこの構造を継承している。

残り:684文字/全文:879文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る