PR
PR

伊達「ランチデリ」好評 飲食店支援、27店から延べ1112食

 【伊達】新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込む飲食店支援に向け、市と伊達信金、伊達商工会議所が店の弁当を一括購入する「ランチデリ」が好評だ。これまで各機関が週1回、計4回実施し、注文数は延べ1112食。弁当を提供する店は当初の13店から2倍以上の27店に増え、飲食店関係者から「ありがたい」との声が上がる。3機関以外に購入に前向きな事業所もあり、さらに広がりそうだ。

 ランチデリ4回目となった21、22の両日は、6店舗がカレーライスやカツ丼などの弁当計281食を届けた。市役所や伊達信金では、うれしそうな表情で自分が注文した弁当を探す職員の姿も見られた。

 初回から利用しているという市職員法制課の小山内健太さん(30)は「コロナが広がる中でお店に貢献できればと、毎回メニューを変えて頼んでいる。おいしいものばかりです」と満足そうに話した。

残り:280文字/全文:653文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る