PR
PR

JR北海道・田浦新会長を閣議了解 島田社長も再任

 政府は22日の持ち回り閣議で、JR北海道の役員人事について、白川保友会長(73)の後任にJR東日本元常務で同社子会社ビューカード(東京)の田浦芳孝社長(65)を充てるとともに、島田修社長(62)の再任を了解した。田浦氏はJR東のICカードSuica(スイカ)の普及を進めるなどITに精通。就任7年目に入る島田社長と、新型コロナウイルス流行でさらに悪化する経営の立て直しに取り組む。

 6月18日に予定されるJR北海道の株主総会と取締役会で正式決定される。任期は2年。

残り:382文字/全文:647文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る