PR
PR

療養ホテルに医師常駐 知事表明、臨時医療施設に

[PR]

 鈴木直道知事は22日の記者会見で、新型コロナウイルスに感染した軽症者らを受け入れる宿泊療養施設のうち、札幌市南区の「アパホテル&リゾート札幌」を特措法に基づく臨時の医療施設に位置づけたと明らかにした。医師が常駐するなど医療機能を強化し、感染拡大の「第3波」に備える狙いがある。

 看護師2人以上が24時間常駐する現体制に加え、日中は札幌医科大から派遣された医師1人が常駐し、施設内での診療行為や薬の処方が可能になる。道によると、臨時の医療施設設置は全国でも珍しい。軽症者のうち、重症化する恐れのある高齢者や基礎疾患がある人も入所でき、知事は「患者数が増加した場合に対応できる」と述べた。

残り:183文字/全文:476文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る