PR
PR

歌の力で道の医療寄付さらに 上杉周大さん「部屋着」公式曲に

[PR]

 道は新型コロナウイルスの対策として、インターネット上で行っている寄付募集「エールを北の医療へ!」で、札幌出身のミュージシャン上杉周大さんの「部屋着(へやぎ)」を公式ソングにした。

 曲は上杉さんが作詞作曲した。「ステイホーム」をコンセプトに、自宅で過ごすことが医療現場の負担軽減につながるとの思いを込めて作られている。道の公式ユーチューブチャンネルなどで21日から配信を始めた。

 寄付は医療体制の強化に向け、4月24日から実施している。5月22日時点で約2億8900万円を集めた。道は感染が続く中で、寄付金をさらに募りたい考えだ。(安倍諒)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る