PR
PR

北海道解除25日にも 緊急事態、関西外れる

 政府は21日、8都道府県で継続していた新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を京都、大阪、兵庫の関西3府県で解除した。北海道は新規感染者数の減少が目安に達しておらず、東京、千葉、埼玉、神奈川の1都3県と共に継続となった。25日に専門家の意見を聞き、解除するか判断する。28日の予定を前倒しした形で、安倍晋三首相は「今の状況が継続されれば解除も可能ではないか」と官邸で記者団に語った。

 首相は北海道などの宣言継続地域について「新規感染者数は確実に減少しており、医療の逼迫(ひっぱく)状況も改善傾向にある。外出自粛など協力を継続してほしい」と述べた。関西3府県に関しては「感染拡大を防止しながら社会経済活動を再開するコロナ時代のモデルを期待している」と強調した。

残り:320文字/全文:653文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る