PR
PR

伊達紋別岳の稜線、優美に彩る シラネアオイ開花

 【伊達】花の山として登山愛好家に知られる伊達紋別岳(714メートル)の稜線(りょうせん)でシラネアオイが開花した。

 シラネアオイは高山に咲く日本固有のキンポウゲ科の多年草。紋別岳は山腹から山頂に至るあちこちに群落があり、これを目当てに訪れる登山者も多い。

 太陽の園の中にある登山口から進むと1合目を過ぎたあたりから薄紫色のシラネアオイが姿を見せ始め、稜線に出る7合目までの樹林帯ではほとんどが開花。

残り:194文字/全文:394文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る