PR
PR

秋までお元気で 北見・市営牧場で入牧

 北見市営花園牧場(市留辺蘂町花園)で18日、地元の酪農家や畜産農家から牛を預かる入牧が行われ、市内12戸の生後12~20カ月の乳牛と肉牛約200頭が約90ヘクタールの牧草地に放たれた。

 入牧作業は、牧草地の管理や搾乳で多忙な酪農家の負担軽減や、牛の足腰を鍛える目的で毎年実施されている。

残り:199文字/全文:343文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る