速報
PR
PR

米、WHO脱退検討も 資金拠出の恒久停止警告

 【ワシントン平畑功一】トランプ米大統領は18日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に宛てた同日付の書簡をツイッターで公表した。新型コロナウイルスを巡るWHOの対応は中国寄りだと批判し、30日以内に改善しなければ暫定的に実施している資金拠出停止を恒久化すると警告。その上で「米国の加盟についても考え直す」と脱退の可能性も示唆した。

 感染拡大への初動対応が遅れたとして米国で政権批判が高まる中、トランプ氏はWHOや中国に責任があるとの主張を繰り返しており、脱退をちらつかせることで中国の影響力排除へ向け圧力を強めた形だ。ただ、最大の資金拠出国である米国が拠出をやめる事態となれば、世界規模の感染症対策などに支障を来すのは避けられない。

残り:263文字/全文:582文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る