PR
PR

コロナ持続化給付金の申請サポート会場 道内31カ所追加 21日から

[PR]

 経済産業省は、新型コロナウイルスの影響を受けた中小企業や個人事業主に支給する「持続化給付金」について、インターネットでの手続きを支援する「申請サポート会場」を札幌に続き21日から順次、道内31カ所に開設する。

 完全予約制。確定申告書の控え、月間収入の分かる帳簿、口座通帳を持参する。個人事業主は顔写真付きの身分証明書も必要。

 予約は、持続化給付金の事務局ホームページ(https://www.jizokuka-kyufu.jp)、音声ガイダンスで24時間対応するフリーダイヤル0120・835・130(会場番号が必要)、オペレーター対応窓口(電)0570・077・866(午前9時~午後6時、会場番号の問い合わせも可)へ。持続化給付金の事前相談は(電)0570・015・078(平日午前8時半~午後5時)へ。(上野香織)

 開設日と会場は以下の通り。

 ▽21日 函館、旭川、北見、岩見沢、留萌、滝川、稚内、苫小牧の各市。オホーツク管内遠軽町、後志管内余市町▽22日 網走、紋別、富良野、夕張の各市▽23日 美唄市、北見市留辺蘂町、後志管内岩内町▽24日 釧路、根室の両市▽28日 小樽、帯広、砂川、江別、伊達、千歳、登別、恵庭、石狩の各市。空知管内栗山町、後志管内倶知安町、日高管内浦河町

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る