PR
PR

ススキノラフィラ閉店 46年の歴史に幕下ろす

 札幌・ススキノ地区の商業施設「ススキノラフィラ」(中央区南4西4)が17日、最後の営業を終え閉店した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、閉店セレモニーは中止に。前身の百貨店時代から46年間親しまれたビルが歴史に幕を下ろした。

 国の緊急事態宣言を受け、大型連休に一部を除いて臨時休業したことや、外出自粛要請で客足が減少した影響などから全テナントの約半数は既に閉店し、最終日は64店が営業した。閉店時間の午後8時に運営会社「ススキノ十字街ビル」の遠山日露史(ひろし)社長が館内放送で「みなさまに支えられ、育てられた46年間でした」とあいさつ。正面玄関で従業員らと頭を下げ、シャッターを下ろした。

残り:98文字/全文:396文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る