PR
PR

市営施設で2千万円使途不明 岐阜・下呂の温泉合掌村

 岐阜県下呂市は17日、同市営の観光施設「下呂温泉合掌村」の事業会計で、約2千万円の使途不明金があったと発表した。同市によると、2019年度の決算処理の中で発覚した。当時の男性会計担当者(52)が毎月市に提出する通帳のコピーが改ざんされ、支払先の一部に複数の架空業者名などが記載されていた。

 会計担当者は16日の市の聴取で、不正の一部を認めた。その後に行方不明となっており、市は同日、下呂署に捜索願を出した。

 実際には行っていないかやぶき屋根の修繕工事などを発注したように装っていた。

 山内登市長は「綱紀粛正を徹底し、再発防止を図る」とコメントした。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る