PR
PR

オール十勝産パン生んだ酵母 清水で菌採取のサクラ特定 日甜、案内柱を設置

 【清水】日本甜菜製糖(東京)は、同社の製パン用ドライイースト「とかち野酵母」の元になった菌を持つエゾヤマザクラ1本を町内の清水公園で特定した。「オール十勝産」のパンを実現させた由緒ある菌だが、公園のどの木に由来するのか分からなかった。同社は案内柱を設置した。

 この酵母は、同公園のエゾヤマザクラの実から取り出された野生酵母。十勝の花や果実に由来する約200の候補から探し出された。発酵力が高く、焼き上がったパンは穏やかな香りに仕上がるという。今年で発売10年を迎えた。

残り:370文字/全文:605文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る