PR
PR

名寄市、名寄市立大生に10万円給付

[PR]

 【名寄】名寄市は30日、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う独自支援策として、名寄市立大の学生781人全員に一律10万円を給付すると発表した。

 市によると、学生は市外出身者が中心で、90%がアパートなどに下宿。85%が飲食店などのアルバイトで生活費の一部をまかなう。だが飲食店の営業中止や時間短縮でアルバイトが減っている上に、大学は感染拡大防止のため4月初めから学生にアルバイト自粛を要請している。このため大学が行ったアンケートでは、60%の学生が「生活が苦しい」「困っている」などと回答していた。

残り:35文字/全文:284文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る