PR
PR

JR北海道 一時帰休 1450人が対象 窓口や運転士 5~7月

 JR北海道の島田修社長は15日の会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要減を受け、社員を一時的に休ませる「一時帰休」を5月1日から7月23日まで実施すると正式に発表した。駅窓口係員や減便区間の運転士、車掌などが対象で、全体の2割、約1450人が対象になる。合わせて減便期間の延長や、役員報酬の自主返納も行う。

 JRの一時帰休は1987年の国鉄分割民営化後、全国で初めて。訪日外国人客の激減で業務量が減った新千歳空港、札幌、函館、旭川、新函館北斗各駅の窓口の係員や、減便区間を担当する車掌、運転士などが対象で、設備の保守、点検などを行う部署は対象外。

残り:439文字/全文:754文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る