PR
PR

札沼線「道医療大―新十津川」 最終運行25日に前倒し JR検討

[PR]

 JR北海道は10日、5月6日の営業を最後に廃止予定のJR札沼線北海道医療大学―新十津川間の最終運行日を、連休が本格化する前の4月25日に前倒しする検討を始めた。5月6日までの大型連休中に道内外の鉄道ファンが沿線に押し寄せ、新型コロナウイルス感染拡大の危険性が高まることを避けるため。最終列車の乗客は沿線の4町民限定にする方向で調整する。

 JRは最終運行に関する案を沿線の空知管内の月形町、浦臼町、新十津川町、石狩管内当別町に伝えており、感染拡大などの状況を踏まえた上で、最終運行日を近く判断する。

残り:596文字/全文:877文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る