PR
PR

北大病院、酸素投与忘れ 重症細菌性肺炎60代患者、意識不明

[PR]

 札幌市北区の北大病院(秋田弘俊院長)は10日までに、重症細菌性肺炎で入院中の60代男性患者の治療中、酸素を投与するための作業を忘れ、一時的に酸素が供給されない状態になる医療ミスがあったとホームページ(HP)で公表した。男性は意識不明の状態が続き、同病院は外部委員を加えた調査委員会で経緯を調査する方針。

 同病院によると、今月、複数の医師や看護師らが男性に人工心肺を使った治療を行った際、酸素を供給するため壁に設置された装置に管をつなぐ作業を忘れ、一時的に男性に酸素が投与されていなかったという。

残り:216文字/全文:464文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る