PR
PR

2045年 人工知能の旅

 あなたは「人工知能」と聞いて何を思い浮かべるだろう? 人間に寄り添う鉄腕アトムの様なロボットだろうか、それともコンピュータがプロ棋士に勝利を収めた対局だろうか。

 もっとも、多くの人にとって「人工知能」は未来や空想世界の事であって、身近な存在と感じる人はそれほど多くないかもしれない。しかし、人工知能研究はここ数年で劇的に進歩しており、このまま進むとコンピュータがいつかは人間の知能を上回るとされている。コンピュータが人間の知能を超えるときを「シンギュラリティ(技術的特異点)」といい、それは2045年頃と目されている。シンギュラリティ以降は、人間より賢くなったコンピュータが研究開発をリードすることで、科学の進歩に一層の弾みがつくに違いない。

残り:702文字/全文:1024文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る