PR
PR

「秘境」2駅廃止 住民がっかり 宗谷線・安牛と上幌延 「仕方ない」「残りは存続を」

 【幌延】JRから廃止か自治体負担による存続かの判断を求められていた利用の少ない無人駅について、町は町内にある宗谷線の無人7駅のうち安牛(やすうし)、上幌延の2駅の廃止受け入れ方針を表明した。両駅は「秘境駅」を巡る観光で鉄道ファンが訪れるスポット。町内では「とても残念」「残りの駅は存続させて」との声が上がった。

 沿線自治体でつくる宗谷本線活性化推進協議会(事務局・名寄市)が27日、安牛、上幌延を含む13駅の廃止受け入れ方針をJRに通知。来年3月で廃止される見通しになった。

残り:565文字/全文:840文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る