PR
PR

宗谷線13無人駅 来年3月廃止へ

[PR]

 【名寄】JR宗谷線の沿線自治体でつくる宗谷本線活性化推進協議会(事務局・名寄市)は27日、JR北海道が廃止を求める29の無人駅のうち、13駅について廃止を受け入れる方針を固め、同社に伝えた。来年3月で廃止の見込み。

 協議会が廃止受け入れ方針を示したのは抜海(稚内市)、上幌延、安牛(宗谷管内幌延町)、豊清水、恩根内、紋穂内(もんぽない)、南美深(上川管内美深町)、北星(名寄市)、下士別(士別市)、北比布、南比布(同比布町)の11駅。北剣淵駅、東六線駅については、上川管内剣淵町が「廃止の方向で検討しており、町民説明会で決定する」としている。

残り:318文字/全文:627文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る