PR
PR

支笏湖畔「テルマエ」風に ゆかりの作者が新ポスター

 【千歳】千歳市は27日、人気漫画「テルマエ・ロマエ」などの作者、ヤマザキマリさんに依頼していた支笏湖の観光ポスターのデザインを公表した。湖から見える恵庭岳、丸駒温泉、山線鉄橋など、観光ポイントや名産品の絵6枚を1枚にまとめたもので、同市は今後、道内外の観光イベントなどで活用する方針。

 東京都出身のヤマザキさんは、幼少期から10代半ばまで千歳に住み、地元銘菓の洋菓子の包装も手がけるなど、千歳に関係した活動も続けている。千歳市は本年度、支笏湖のPR強化のため、観光ポスター制作を企画。昨年5月、千歳にゆかりのあるヤマザキさんに制作を依頼した。

 デザインはいずれも写実的なタッチで、6枚の絵を一つにまとめることで、支笏湖観光のポイントがひと目で分かるようになっている。同市は、千歳高校に千歳観光のキャッチコピー考案を要請しており、今後、デザイン画にコピーを刷り込んでポスターを完成させ、観光イベントの会場で展示するなど活用する。

 ほかに支笏湖特産のヒメマス(チップ)のイラストも制作した。同市観光企画課は、「支笏湖の魅力がつまった想像以上の一枚に仕上がった」と喜んでいる。(大谷佳奈)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る