PR
PR

三菱地所が札幌にホテル 来秋開業 構造材に道産マツ

 不動産デベロッパー大手の三菱地所(東京)は26日、札幌市中央区大通西1に道内初となるホテルを建設すると発表した。11階建ての約130室で、9~11階が木造建築となっているのが特徴。同社によると、構造材に木を使う高層ホテルは全国でも初めて。既に着工しており、2021年秋の開業を目指す。

【関連記事】
<特集>札幌再開発マップ いま何の工事中?
<特集>札幌集中のリアル

残り:217文字/全文:399文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る