PR
PR

81歳男性の死因は脳挫傷、岐阜 殺人事件で捜査

 岐阜市の路上で25日に倒れているのが見つかり死亡した路上生活者(ホームレス)とみられる渡辺哲哉さん(81)について、岐阜県警捜査1課は26日、司法解剖の結果、死因は頭を強打されたことによる脳挫傷と急性硬膜下血腫と明らかにした。同課は殺人事件と断定し、捜査している。

 捜査1課によると、25日午前2時5分ごろ、岐阜市寺田の路上で「知人が数人の男に蹴られた」と一緒にいた女性(68)が公衆電話から110番した。渡辺さんは頭部を骨折していたほか顔や左ひじに擦り傷があり、搬送先の病院で死亡が確認された。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る