PR
PR

紋別市、牛乳と米で子育て世帯支援 5760円相当の金券の発送

[PR]

 【紋別】新型コロナウイルスの感染拡大による小中学校休校で給食が提供できず、家庭の負担が増していることから、紋別市は25日、市内の全小中学生1279人を対象に、牛乳券とおこめ券など計5760円相当の金券の発送を始めた。

 牛乳券と地元商店で利用できる「紋太ポイント」(市商店街連合会発行)の引換券は各2千円相当。おこめ券は1760円分。事業費は862万円。

 外出自粛で冷え込む地元商業の活性化や、給食用牛乳の需要が減少した道内酪農家の支援も狙う。

 休校中の給食費は徴収していないが、紋別市は「家庭に負担をかけてしまった。少しでも家計の足しにしてほしい」としている。(泉本亮太)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る