PR
PR

クレインズ支援へ実動部隊 釧路のアイスホッケーファン結成 会場設営やポスター配布

 【釧路】昨年、企業チームからクラブチームに衣替えして再出発したアイスホッケーアジアリーグのひがし北海道クレインズ(釧路市)を運営面から支えようと、ファン有志がボランティア組織「鶴援隊(かくえんたい)」を結成した。運営会社の社員にスポンサー獲得などに傾注してもらうため、試合やイベントの運営の一部を担い、地元チームを盛り上げる。

 日本製紙がチームを廃部したのに伴い、クレインズは昨年5月、地元企業やファンが出資する合同会社運営のクラブチームとして再出発した。ただ合同会社の社員は6人で、試合や選手とファンの交流イベントの会場設営、運営は手が足りず、これらの作業を手伝ってきたファン7人が組織的にチームを支えたいと考え、今月14日に隊を発足させた。

残り:264文字/全文:587文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る