PR
PR

真保生紀さん死去 早来「雪だるま小包」生みの親

 真保 生紀さん(しんぼ・せいき=元早来雪だるま郵便局長)21日午後10時58分、肝臓がんのため死去、76歳。胆振管内旧追分町(現安平町)出身。自宅は安平町早来大町129の2。通夜は24日午後6時から、告別式は25日午前10時から、いずれも同町早来北進102の4、早来町民センターで。喪主は長男弘之(ひろゆき)さん。

 1965年に東京中央郵便局に採用され、苫小牧・沼ノ端郵便局などを経て、85年から早来郵便局(現早来雪だるま郵便局)局長。86年に雪だるまのふるさと小包を始め、地域活性化に一役買った。2008年に退職。昨年は北海道からブラジルへの移民100周年を祝い、サンパウロに巨大雪だるまを送ったプロジェクトチームの代表を務めた。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る