PR
PR

塩狩駅午前8時台 念願の1本 ダイヤ改正で上り列車増発 和寒町が要請

 【和寒】JR北海道は14日のダイヤ改正で、宗谷線塩狩駅で乗り降りできる旭川行き上り列車を1本増やした。元々下り列車との行き違いのため、ドアを開けずに停車するだけだったが、駅周辺の観光振興を目指す町の要望を受けて実現した。改正初日、鉄道ファンが駆けつけ、「一番列車」に乗車した。

 ダイヤ改正で乗降可能になったのは、午前7時47分名寄発旭川行きの快速なよろ2号で、塩狩駅は8時39分に発車する。これまで同駅は1日に上り、下り列車がそれぞれ9本ずつ停車。ただ、同駅で乗降可能な午前の上り列車は7時35分の後、10時56分まで3時間半近くなかった。

残り:313文字/全文:621文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る