PR
PR

「特別快速」札幌―新千歳33分 JR北海道がダイヤ改正

 JR北海道は14日、ダイヤ改正を行い、札幌―新千歳空港間の快速エアポートを1時間当たり最大4本から5本に増発し、新札幌駅、南千歳駅のみに停車する「特別快速」も新設した。運行する列車のダイヤの6割が変わり、2016年春の北海道新幹線開業時に次ぐ規模の改正となった。

 「特別快速」の第1便は同日午前6時56分に札幌を出発。これまで6駅だった停車駅は2駅のみになり、従来より4分早い33分で新千歳空港駅に到着した。

残り:203文字/全文:440文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る