PR
PR

快速エアポート増発 特別快速も設定 JRが14日ダイヤ改正

 JR北海道は14日のダイヤ改正で、札幌―新千歳空港間の快速エアポートの運行を1時間当たり最大4本から5本に増やす。新札幌駅と南千歳駅にのみ途中停車する「特別快速」も新設。1日4本運行し、所要時間は従来の最速37分から33分に短縮される。いずれも観光客の増加を想定した改正だが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で利用客は急減しており、逆風の中での改正となる。

 特別快速は朝の通勤時間帯に新千歳空港行き、夜間帯に札幌行きを各2本運行する。特別快速とは別に、札幌発の始発時間を現行の午前6時台から同5時台に前倒しし、最速で同6時半に新千歳空港に到着できる便も新設する。快速エアポートは1日当たり32本増え、計148本となる。


残り:246文字/全文:593文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る