PR
PR

東六線、北剣淵駅の廃止容認 剣淵町長

[PR]

 【剣淵】上川管内剣淵町の早坂純夫町長は6日の町議会で、JR宗谷線の東六線、北剣淵の両駅の廃止容認を表明した。両駅は利用が少ない無人駅で、町はJR北海道と存廃について協議していた。

 JRは沿線自治体などでつくる宗谷本線活性化推進協議会(事務局・名寄市)に対し、過去5年間の1日当たりの平均乗降客数が3人以下の無人駅29駅について、存廃の判断を求めている。東六線は1・0人、北剣淵は0・2人だった。

残り:111文字/全文:341文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る