PR
PR

新型肺炎の拡大 感染防ぐ自覚と行動を

[PR]

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)がさらに拡大する事態に備え、政府がきのう、対策本部を開催し、総合的な基本方針を決めた。

 患者が大幅に増える地域が出た場合、設備や人員の整った指定医療機関以外の一般医療機関でも通り道など対策をとった上で、感染が疑われる人を受け入れる。

 一方で、重症者を優先的に診る医療機関を決めておき、死者を最小限に食い止める態勢を築く。

 感染経路の分からない市中感染が疑われる人も出ている。

 道は感染症対策チームを発足した。市町村と連携を強め、速やかに態勢を整えてほしい。

 新型肺炎は有効なワクチンがなく、自己防衛するしかない。

 新型肺炎に対する正しい知識を再確認し、自覚を持って行動する必要がある。

 政府の専門家会議は「これから1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際だ」との認識を示した。

 クルーズ船の乗客が無検査で下船したり、下船後に発症したりするなど、政府対応は後手にまわっており、実効性のある迅速な対策が不可欠だ。

 基本方針は、病床や人工呼吸器の確保も掲げる。検査の強化を含め、万全の態勢を整え、国民の不安を解消しなければならない。

 感染しても無症状や軽症の人が多いが、インフルエンザより重症化のリスクが高い。近い距離で多くの人と話すと、せきやくしゃみがなくても感染する恐れがある。

 患者の集団感染を早期に把握し拡大を防ぐことが肝心だ。

 この時期は送別会や卒業式など催しが多い。道教委と札幌市教委も公立小中高校の卒業式の出席者をできる限り少なくし、時間を短縮するよう要請している。

 受験シーズンでもあり、受験生本位の対応も求められよう。

 無症状や軽症の人は自覚がなく感染を拡大しやすい。高齢者や持病がある人ら重症化が危惧される人にうつさない心配りが大切だ。

 政府は発熱などの風邪の症状があれば、会社や学校を休むよう求めている。自宅で働くテレワークや、通勤ラッシュを避ける時差出勤も有効だろう。

 入念な手洗いとうがい、こまめな換気が欠かせない。せきやくしゃみをする時は、口や鼻をマスクやティッシュ、袖などで覆う「せきエチケット」が重要だ。

 保健所など関係機関は対策の周知徹底に努めねばならない。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る