PR
PR

兄弟駅に鉄道ファン集う 外観そっくり、晩生内駅と札比内駅 初の「おもてなし会」

 【浦臼、月形】駅舎の外観が似ているJR札沼線の晩生内(おそきない)駅(浦臼)と札比内(さっぴない)駅(月形)で22日、初のイベント「兄弟駅でおもてなし会」が開かれた。両方の駅でそれぞれ来駅記念証が配られるなどして、多くの鉄道ファンを楽しませた。

 催しは5月に廃止される札沼線北海道医療大学前(石狩管内当別町)―新十津川間にある沿線4町の地域おこし協力隊や鉄道ファンらでつくる「思い出お~い札沼線実行委員会」が企画した。令和2年2月22日の2並びに合わせて開いた。

残り:253文字/全文:522文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る