PR
PR

新型肺炎、中富良野の小学生兄弟が感染 10歳未満は国内初確認、千歳の検疫官も

[PR]

 道は21日、道内で新たに3人の新型コロナウイルスの感染を確認したと発表した。2人は上川管内中富良野町の小学生の兄弟で兄は10代、弟は10歳未満。国内で10歳未満の感染が判明したのは埼玉県の未就学児と合わせて初めて。兄弟が通う町立中富良野小は同日午後、児童を帰宅させ、学校閉鎖した。もう1人は新千歳空港に勤務する検疫官の40代女性。国内空港の検疫官の感染確認も初めて。3人とも日本人で、道内での感染確認は計8人となった。

 道によると、中富良野町の弟は15日に発熱し、上川管内の医療機関を受診し、19日に別の同管内の医療機関の感染症病棟に入院した。15日以降は登校していない。兄は18日に発熱して学校を早退し、19日に弟と同じ医療機関に入院した。ともに肺炎の症状はないが、医師の判断でウイルス検査を行って感染が確認され、症状は回復傾向という。

 同小の児童数は昨年11月時点で208人で、21日の給食後に保護者らに付き添われて全員下校。教職員らが校舎内の消毒作業を行った。3連休明けの25日以降の授業再開については道教委と町教委などが協議し、24日までに判断する。町は21日夜に開いた同小の保護者説明会で、保護者や児童に連休中は外出を控えるよう呼び掛けた。

 検疫官の女性は小樽検疫所千歳空港検疫所支所所属の千歳市在住。16日に発熱して18日に医療機関で受診後、21日に感染が確認され、胆振管内の病院に入院した。容体は安定しているという。

 新たに感染が確認された3人に直近の海外渡航歴はなく、道は感染経路や濃厚接触者を調べている。

 道は21日夜に感染症危機管理対策本部会議を開き、「さっぽろ雪まつり」会場の運営事務所内で作業していた道内3人目の感染確認者について、同じ事務所にいた道内5人目の感染者を含めて現時点で26人の濃厚接触者がいると明らかにした。感染4人目となった渡島管内七飯町議の濃厚接触者は当初発表より21人多い69人とした。21日午後4時現在、道内で66人のウイルス検査を行い、感染確認は8人という。

 鈴木直道知事は21日の記者会見で、これまでより公表範囲を広げて感染者の居住自治体や学校名を公表したことについて「公衆衛生上の必要性」とし、本人側の同意を得たと説明した。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る