PR
PR

新幹線で鮮魚配達 JR北海道、3月イベント 飛行機より早い!安い!

[PR]

 JR北海道はJR東日本などと3月9、10日、北海道新幹線で新鮮な魚介類などを東京駅に運び、販売するイベントを開催する。飛行機で運ぶのに比べ、積み込み作業なども含む輸送時間が短縮でき、輸送コストの削減も見込めるという。JR北海道が年内の事業化を目指す貨客混載輸送をアピールする狙いもある。

 北海道新幹線で輸送するのは、その日の朝に噴火湾で取れたボタンエビなどの魚介類や海鮮弁当など。新幹線の業務スペースに荷物を載せて午前6時40分ごろに新函館北斗駅を出発、同11時5分ごろに東京駅で荷降ろしを行い、東京駅前の商業施設「KITTE(キッテ)」で販売する。

残り:154文字/全文:466文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る