PR
PR

新型肺炎、エジプトで初の感染者 アフリカ大陸にも拡大

 【カイロ共同】エジプト保健省は14日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスで外国人1人の感染が確認されたと発表した。中東通信が伝えた。北アフリカ・エジプトでの感染確認は初めてで、アフリカ大陸でも初とみられる。国籍など詳細は明らかにされていない。

 保健省によると、感染者はエジプトへの訪問者に対する検査で発見。ウイルスは検出されたが、発症はしていない。既に病院に隔離された。

 エジプトは世界各国の旅行者が訪れるほか、中国企業の進出も進んでいる。

 アフリカ大陸では、特にサハラ砂漠以南で医療施設が十分ではなく、大陸全体で感染が広がれば、被害が膨らむ恐れがある。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る