PR
PR

道内16日午後から大荒れ 太平洋側と日本海側南部で大雪

[PR]

 道内は16日午後から17日にかけて、発達する低気圧が近づく影響で、大荒れとなる見込みだ。太平洋側と日本海側南部を中心に湿った重い雪が降る見通しで、札幌管区気象台は吹きだまりによる交通障害や強風、高波への警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、16日午後6時からの24時間降雪量は、太平洋側と日本海側南部で最大60センチに達する見込み。16日の最大瞬間風速は太平洋側西部の陸上で35メートル、海上で30メートルとなる見通しだ。

 気象台や道は、農業施設の倒壊への注意や、自家発電装置や燃料の早めの点検を呼び掛けている。気象台によると、18日までは雪が降りやすく、19日以降、天気は回復する見通し。(折田智之)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る