PR
PR

朝倉さや、メジャーデビューアルバムは“集大成” 「歌いたい事が詰まっている」と歓喜

 シンガー・ソングライターの朝倉さやが14日午後3時8分(自称サヤ時間)に、メジャーデビュー作『古今唄集~Future Trax BEST~』(4月1日発売)の全貌を発表した。2度の民謡日本一に輝いた自らのルーツでもある民謡に新しい命を吹き込んだ曲を“フューチャー・トラックス”と称して今までのアルバムなどに収録してきたが、本作はその集大成となる。

【画像】かわいらしい表情が印象的な『古今唄集~Future Trax BEST~』ジャケット写真

 朝倉はこれまでに能楽堂や田んぼ公演などさまざまな試みを行ってきた。また日本レコード大賞企画賞、CDショップ大賞東北ブロック賞などを獲得している。

 本作は新しくトラックダウンした発表済みの楽曲に加え、新曲のフューチャー・トラックス、オリジナル曲で構成。出身地である山形の民謡をモチーフにした「Mr.Mamurogawa(真室川音頭Future Trax)」「新庄節 Future Trax 2020」のほか、テレビ番組のレギュラーを持ち第二の故郷ともいえる静岡の民謡がテーマの「茶摘み唄 Healing Music Trax」、そして香川の民謡に新しく解釈を加え、地元の子供たちとレコーディングした「たんす唄 Future Trax」を収めている。

 4月19日にはこのアルバムを引っさげたワンマンライブを横浜ランドマークホールで予定している。

■朝倉さや オリコンニュース独占コメント
オリコンニュースをご覧の皆様、
朝倉さやです!
4月1日(水・大安)
NEWアルバム『古今唄集~Future Trax Best~』をリリースします!!

言葉もジャンルも 時をも越えて、喜び、興味、挑戦、感謝、本当に歌いたい事が詰まっているアルバムです。

一曲目、「AGRIMONY〜旅さあべ〜」から始まるこのアルバムは
メジャーデビューという新たな旅の幕開けでもあります。
新曲マシマシ!! これまで歌ってきたFuture Traxもバージョンアップして収録!!
魂の11曲です。

PV撮影も始まっています♪
先日はたんす唄Future Traxの撮影で香川へ行きました。

壮大な自然と、いきいき過ごす人たち。
本当に穏やかで優しい時間でした。
最後にはライブもしたのですが、
地元の皆さんとたんす唄の掛け声「ドシドシ♪」が出来たのも嬉しかったです。
とっても幸せなPVが出来ました。

これから更に大行進!
皆と未来へ!旅さあべ!!
固定概念をとけとけに溶かして、へんてこ満ちた世界をドシドシ旅していきたいです。
さらなる可能性を探しながら、心鳴る方へ♪
一緒にワクワクしてけろな!

■ワンマンライブの概要
4月19日(日):神奈川・横浜ランドマークホール
開場:午後3時、開演:午後4時

朝倉さや、全国11公演ツアー完走 “新たな旅の幕開け”に「ドキドキワクワク」
朝倉さや、地元・山形でチャリティーコンサート「小さな事かもしれないけれど…」
“民謡日本一”朝倉さや、ジブリ名曲カバー挑戦 『紅の豚』主題歌・加藤登紀子と初対面に感激
【写真】三味線演奏も 山形出身のシンガー・ソングライター朝倉さや
音楽プロデューサーSolaya氏、がん闘病で引退決意 朝倉さや作品を「命懸けで」

oricon news

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る