PR
PR

レモネード店 高校生が起業 函館で開店

 北斗市内の高校生が起業し、函館市杉並町23の10の市電通り沿いにレモネード専門店「PETITCITRON」(ペティットシトロン)を開いた。自家製のレモネードシロップに、ユズ、リンゴ、マンゴーなど好みの果実シロップを組み合わせてアレンジができる。店内は写真映えを意識した作りで、口コミでの人気浸透を図る。

 今月1日にオープンしたばかり。レモネードは甘さ控えめで、中高生のほか、男性会社員の姿も見られる。経営するのは、通信制高校3年の栄健伸(さかえけんしん)さん(18)。味つけに迷う客に「アイスでしたら、柚子(ゆず)レモネードがおすすめですよ」と笑顔を浮かべる。

残り:642文字/全文:923文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る