PR
PR

公立高出願変更1108人 大麻35人増、0.9倍に

 道教委は14日、2020年度公立高入試の出願変更状況(4日現在)を発表した。全日制と定時制(一般入試の出願期間が異なる有朋を除く)を合わせて1108人が変更した。平均倍率は当初出願状況(1月24日現在)と同じ0・95倍。

 出願先を変更したのは全日制が1104人、定時制が4人だった。平均倍率は当初と変わらず全日制が0・98倍、定時制0・47倍だった。

残り:475文字/全文:651文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る