PR
PR

発症医師の病院患者、新型肺炎に感染 和歌山、受診前から症状

 和歌山県湯浅町の済生会有田病院に勤める50代の男性外科医が新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)を発症した問題で、県は14日、有田病院を外来受診した県内の70代男性も感染が確認されたと発表した。現在は別の病院に入院しており、重症という。国内での感染確認は252人となった。

 県によると、男性は1日に嘔吐し、5日から発熱。近所の医療機関を経て有田病院の内科を6日に受診した。受診前から症状があり、外科医と接点があった様子もないことから、県の担当者は「院外で広がっている可能性がある」と話した。男性から渡航歴などの聞き取りはできていない。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る