PR
PR

「飲食店で」「病院に」…新型肺炎デマ 旭川でも拡散

 新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題を巡って、ネットなどを通して旭川市内でも「飲食店で感染者が出た」「病院に入院しているらしい」という「デマ」が拡散している。市保健所はいずれの情報も否定した上で「感染が確認された場合は国や道が公表する。惑わされないで」と呼び掛けている。

 会員制交流サイト(SNS)上では、1月下旬ごろからツイッターなどで同様の投稿が目立ち始めた。中には市内の具体的な施設名を挙げて「行かない方がいい」などと書かれたものも。

残り:268文字/全文:494文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る