PR
PR

網走で流氷接岸初日 平年より9日遅く

 【網走】網走地方気象台は11日、網走市で「流氷接岸初日」を観測したと発表した。平年より9日、昨年より13日遅い。

 接岸初日は、流氷の接岸によって船舶が航行できなくなった最初の日。上空から見ると、オホーツク海は大小多数のガラス片を敷きつめたような流氷帯が遠くまで広がっていた。その中を網走港発着の流氷観光砕氷船2隻がゆっくり航行し、真っ白な氷原に青い航跡をつくった。

残り:96文字/全文:279文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る