PR
PR

新型肺炎 函館クルーズ観光に影 寄港中止相次ぐ懸念

 横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で起きている新型コロナウイルスの集団感染が、函館のクルーズ観光にも影を落としている。函館港への寄港は4月下旬からだが、既に中国を経由する1隻の寄港が中止される可能性が出ている。影響が長引けば、函館経済への打撃につながりかねず、関係者は「一刻も早く収束してほしい」と願っている。

 「クルーズ観光全体に影響しかねない」。市港湾空港振興課の横山敬一課長は、横浜港で停泊中のダイヤモンド・プリンセスに関するニュースが次々と飛び込んでくる状況に顔をしかめた。

残り:591文字/全文:843文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る