PR
PR

網走で流氷初日 過去2番目に遅い記録

 【網走】網走地方気象台は9日、流氷を陸上から肉眼で確認できる「流氷初日」を観測した、と発表した。平年に比べ19日、昨年より27日遅く、1946年の統計開始以来、2番目に遅い観測となった。

 気象台によると、9日午前7時に職員が気象台屋上から、網走市の北約15キロにある筋状の流氷を確認した。オホーツク海の流氷の面積は平年並みだが、今季は例年と比べ、北海道付近への低気圧の接近が少なく、流氷の到着が遅れている。

 流氷は早ければ数日で接岸するとみられる。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る