PR
PR

「除雪のプロ」進む高齢化 道内、50代以上半数 建設業界苦悩 独り立ちまで5年/道など新技術開発へ

 道内で除雪を担う人材の高齢化が進む。道道の除雪を請け負うオペレーター(運転手)は約半数が50歳以上で、30歳以下は1割に満たない。道路の除雪には障害物を避けるなどの技術が必要で、人材の育成に時間がかかる。道や国などは、衛星利用測位システム(GPS)などを活用し、経験の少ない人でも作業を担える技術の開発を急ぐ。

 大雪に見舞われた6日の札幌市内。市から道路の除雪を受託する業者の一つ、北陽工業はロータリー車やタイヤショベルなどを同日夜から7日未明までフル稼働させた。作業員6人のうち2人が60~70代。現場責任者の木下聖さん(52)は「60代以上に頼らざるを得ない。若い人が入らなければ、今後、同じ作業をするのは難しくなる」と話す。

 道によると、2018年度に道道の除雪を請け負ったオペレーター(札幌市を除く)は3730人。このうち51歳以上が52%を占め、30歳以下は7%だった。札幌市の調査では17年度のオペレーター2056人のうち50代以上は46%、29歳以下は7%だった。

 冬期間に除雪を請け負う建設業者は、技術継承に悩む。建設業只石組(旭川市)社長で上川管内国道維持除雪協議会会長の飯野雅司さん(60)は「新人は駐車場で練習したり、先輩の隣で助手を務めたり、公道で作業できるまで5~10年かかる。その前に辞める人も多く、慢性的に人手不足だ」と言う。

 現場に出ても消火栓などの障害物の位置や、除雪する道路の順序など、地域によって事情が異なり、スムーズな除雪には経験が必要となる。札幌市豊平区西地区除雪センターの岩見宏センター長(51)は「ベテランが若手にマンツーマンで教えたいが人手不足でその時間がない」と語る。

全文:710文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る